【フライング告知】 夜活「写真で食うために」・新風景写真部

Pocket
email this

最近、何かにつけ「朝活」と言い張っています。オールナイト朝活もあります。んでも、これから「夜活」はじめます。今まで朝起きれなかったひと来てね!

 

【夜活】8/29(金) 「写真で食うためにvol.5 例えば武藤裕也」

カメラマン・写真家になるには100人いれば100通りの道があります。“写真で食べてる”カメラマン・写真家をゲストに迎えご自身の活動や、写真家になった道筋をトークして頂きます。

 
記念すべき100回ゲストは自分、会場は東京ドーム!と言い張っていましたが、vol.5にして早々とノコノコでてきます。 近いうちに募集サイトUPされますが、ひとまず8/29(金)のスケジュールチェックお願いします。

 

日時

8/29(金)19:30~(20:00~?)

会場

T.I.P ラウンジ
東京都中央区京橋 3-6-6 エクスアートビル1F
http://tip.or.jp/access_contact.html

 
一概にフォトグラファーと言ってもそこに行きつくまで、そして仕事内容は様々です。ぼくは先週、企業の研究室に行って遺伝子検査装置の撮影をしました。料理の撮影であれば、より魅力的にするためのテクニックを駆使しますが、遺伝子検査装置を前にして何も分からないので言われるがままに、そして装置が魅力的にというより写実的にあることを意識していました。一方、来年は仕事で10日間モロッコに行きます。GWは豪華客船クルーズも仕事で同行します。一言で撮影と言っても内容はさまざまです。

会社を辞めてから出会う人に「ぼくはカメラマンです。仕事ください」と言い続けていた時期がありました。そのかいあって1日中商品撮影する仕事につながったのですが、スタジオに篭っての仕事は、今どんな天気なのか、昼なのか夜なのか分からない時間も空間もあってないようなとりあえず目の前の事だけに意識していました。その時からしたら仕事でモロッコに行くなんて想像もつかないことです。モロッコはどんな空が広がってるのだろう。

 

新風景写真部

新風景写真部も再開します。フォトニコ運営で止まっていました。先日、ニューネイチャーフォトのトークで石川直樹さん、後藤さんが「いわゆる風景写真ってつまらないよね」って言っていたのですが、新風景写真部を作ろうと思ったのもそれらと同じことです。(会場で上田さんは黙ってた、笑) 自然て大きな存在なのに、構図がどうのとか、設定がどうとか、機材とか手元で何とかしようとすることがずれているということです。

たぶん新しいことは受け入れられなかったり、批判されることがあります。そして主流にならなければ消えていきます。簡単に飲み込めないながらも、どこか気になる存在でありたいと思っています。

 
これから求められる風景写真とは!
過去に似たようなことを書いていました。(追記:2014/08/13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です