【撮影用品紹介vol.5】SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8 高シャープネス・高コントラスト

Pocket
email this

シーンによって、ここは超広角レンズを使いたい!という時があります。例えば、後ろに下がるには限界のある室内の撮影、旅行先で出会った広大な夕焼け、視界に入りきらない満天の星空、遠近を活かしたスナップ撮影などでしょうか。

 

キヤノン EF14mm F2.8L II USM で天の川を撮影

特に星空は僅かな光を扱うので、明るいレンズが欲しいところ。例えばF2.8のレンズであれば天の川もキレイに映りこみます

EOS 6D + EF14mm F2.8L II USM (SS15秒/F2.8/ISO6400)
IMG_2307
でもキヤノン EF14mm F2.8L II USM はお値段20万円以上。場合によっては本体より高価です。

 

SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical

超広角レンズを使ってみたくても20万円超える機材はちょっと。。という場合、SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical をまず試してみたらいかがでしょうか?こちらはお値段3万円くらい、20万円超の後では不思議と安く感じます。

EOS 5D markⅢ + SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical
D97A2169_a

 

SAMYANG(サムヤン) 14mm F2.8 IF ED UMC Asphericalのシャープネス

シャープネスは極めて高いですが、ボケはクセがあります。でもボケを使わない遠景撮影、例えば花火や星空であれば気にならないでしょう。(光学設計上、シャープネスとボケ味の両立は難しいのですが、このレンズは明らかにシャープネス優先設計です。)

D97A1805_a

D97A1872_b

 

SAMYANG(サムヤン) 14mm F2.8 IF ED UMC Asphericalの歪曲収差

歪曲収差を簡単に言うと直線が歪んでしまうことをいい、望遠レンズではほとんど見られませんが、広角レンズでは見て分かるくらいに出てきます。でもそれらはほとんどソフトで補正できます。

分かりやすいよう意地悪していますがご覧の通り、周辺は歪みます。
D97A1265_a

歪曲収差ではありませんが、左右の建物は倒れこむ感じになります。
D97A1418_a

 

花火と観衆

焦点距離14mm=広い画角を持っているので、花火の打ち上げ場所近くでも花火と観衆が一緒に入ります。
D97A1092_b

 

スナップが面白い

目の前の大抵のものは画角に入るのでノーファインダーで何となくシャッターを押せばOKです。
D97A1356_a

D97A1392_a
純正の超広角レンズは高価ですが、焦点距離14mmに興味があれば試しにSAMYANG(サムヤン) 14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical使ってみたらいかがでしょうか。キヤノン純正AFレンズと違ってマニュアルフォーカスであるのと実絞り測光・絞り操作はレンズ側リング制御になるため操作に慣れが必要ですが、Amazonレビューは好評です。純正にはない強めのシャープネスがかかるこのレンズで、ペルセウス流星群を撮ってみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です