【冬季撮影装備】 mountain dax(マウンテンダックス) 軽アイゼン

Pocket
email this

軽アイゼン・スノースパイク

降雪のある地域に行くときは、軽アイゼンスノースパイクのご準備をおすすめします。それほどかさばるものではない上、雪道ならではの疲れも少なくなります。

軽アイゼンは様々なメーカーから出ていていくつか試しましたが、mountain dax(マウンテンダックス) の黄色の帯ヒモタイプは確実に締めることができる上、素早く脱着できるのでオススメです。(移動中の締め増しもかんたん。)

数ある軽アイゼンの中でかかと部分に柔軟性のあるワイヤーを使っているのが特徴で、これによってズレによる面倒な付け直しは皆無です。

 
D97A3507

D97A3505

 
軽アイゼンをはじめて使うなら、コンパクトな4本爪を試してみてください。

 
安定感が欲しい場合、広い面ですべり止めの効く6本爪がいいと思います。特に6本爪のレビューは高評価で、冬季低山登山で使っている人をよく見かけます。

 

マウンテンダックス 軽アイゼン 使用レビュー

日本製でもあり、価格が高いだけの価値はあると感じました。

取り付けは難しくなく問題ないと思います。締め付けもキツくできるので良いと思います。歩いてのグリップ感は申し分ありません。

いい品物です・・・耐久力や使いやすさ・・・収納のよさなど・・・ベストだと思います。

 

撮影ツアーのアナウンス

保険の兼ね合いで撮影ツアーで「軽アイゼンを持ってきてください」というアナウンスはできません。(山岳保険になってしまうからです)でも、降雪のある地域に行く撮影ツアーでは自主的に持ってきてください。降雪の少ない富士五湖周辺でも冬季は路面凍結するので、軽アイゼンやスノースパイクは必須です。

D97A3522

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です