【三脚を選ぶvol.5】 軽量コンパクト ベルボン ウルトラシリーズ

Pocket
email this

ぼくが今持っている三脚は大小さまざま合計6本です。一番大きなものは脚を伸ばすと200cmくらいの高さになるので脚立を一緒に使います。また、小さな三脚は旅行や登山に持っていきますが、ただ小さいだけだとあまり出番がありません。【三脚を選ぶvol.1】 三脚を買う時に確認すべき3つのポイントで紹介したように高さが十分にあることは必要条件です。

また、一番使用頻度の高いものは スリック 723 EX Ⅲ です。でも出来るだけ荷物を減らしたい登山に、この大きさの三脚を持っていきません。

 

登山に最適! ベルボン ウルトラシリーズ

ぼくが登山に持っていく三脚は2つあり、そのうちひとつはベルボン ウルトラシリーズです。

ベルボン ウルトラシリーズはウルトラロックという独自の固定方式で、軽量・コンパクトな三脚ながら、十分に高さを稼ぐことができます。センターポールを使わない状態で高さが約130~140cm、センターポールを伸ばせば高さ約150~165cmになります。(そのうえ安い!

D97A5203

 

ベルボン ULTRA MAXi Lのスペック

  • 収納時長さ:360mm
  • センターポールなし高さ:1275mm
  • センターポールあり高さ:1525mm
  • 重量:990g
  • 専用ケース付属

満足度の高いAmazonレビュー

2014年8月の時点でAmazon商品レビュー評価は5点満点中、4.3点です。見てもらうと分かりますが、いずれも熱がありしっかりとした使用感のあるコメントです。そのくらいオススメなのでしょう。

 

軽量三脚にはエンドフック

ベルボン ウルトラシリーズは軽量・コンパクトでいいですが、不安定になりがちな軽量三脚を安定させるためにエンドフックを使います。

D97A5212

 
バック類を重し代わりにすることで三脚を安定させます。エンドフックは軽量な三脚に必須のアイテムと言えます。

 

自由雲台 QHD-53でさらに軽量化

ベルボン ULTRA MAXi Lは1way雲台が付いていますが、登山に持っていくので出来るだけ軽量・コンパクトにするため雲台をQHD-53に変えています。

D97A5198

 

ベルボン QHD-53のスペック

  • 高さ:85mm
  • 底面径:44mm
  • 質量:198g
  • 推奨積載質量:4kg

満足度の高いAmazonレビュー

ベルボン QHD-53のレビュー評価も5点満点中、4.8点です。カメラ台座と取り付けネジが独立しているのでカメラを装着しやすいのと、大型のストッパーで確実にロック出来るところが気に入っています。


毎年三脚は2本くらい買っては、同じく2本くらい手放しています。雲台も同じくらい買って、自分の使い方に合うものを探しています。登山の場合、ベルボン ウルトラシリーズに自由雲台 QHD-53を付け替えてもっていきます。(私感ではEOS 5D markⅢ+EF24-105 F4.0までOK!)

ただ、ウルトラシリーズに採用されている脚の固定方法が少し特殊です。慣れたら素早く設置できるのですが、【vol.6】でその辺りの紹介をします。

 

>>【三脚を選ぶvol.6】素早く設置できるベルボン ウルトラロック

 
・EOS 5D Mark III
・EF24-105mm F4L USM

4 thoughts on “【三脚を選ぶvol.5】 軽量コンパクト ベルボン ウルトラシリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です