【三脚を選ぶvol.3】 最初に買う三脚はコレ!

Pocket
email this

 

>>【三脚を選ぶvol.1】 三脚を買う時に確認すべき3つのポイント
>>【三脚を選ぶvol.2】 で、どの三脚買ったらいいの? 3つの基準を満たすもの

 

ベルボンとスリックの比較

3つのポイントを挙げて具体的な三脚をいくつか紹介しましたが、間違いなくこの1本!という訳にいきません。紹介したことと所感を整理します。

 

ベルボンのいい所

  • 付属している収納ケースが便利(手抜きしていないところに好感が持てる)
  • ローアングル開脚部分にセミオートラチェット機構を使っているので便利

ベルボンのよくない所

  • 雲台にクイックシューが強制的に付いてくる

 

スリックのいい所

  • 雲台にクイックシューがくっついてこない
  • カーボン 723 EX Ⅲ 記念キットがお買い得

スリックのよくない所

  • 収納袋がペラペラ
  • ローアングル開脚部分は手動で戻さないといけない

 
D97A3220_a

 

ベルボンなら カルマーニュE5300 + QHD-53

ベルボン・スリック共にいい所、良くない所が入り混じっている為にコレ!と決められません。ベルボンであるならカルマーニュE5300に雲台をクイックシューでないものに変更します。ぼくは持ち歩いての移動が多いので雲台を変更するなら携帯性を優先して、軽量コンパクトな自由雲台QHD-53を選びます。

 

スリックなら 723 EX Ⅲ 記念キット

先の記事で紹介したように723 EX Ⅲ 記念キットはお買い得です。(でも付属する自由雲台がクイックシュータイプなのが残念!)収納袋はペラペラで持ち運びやすくないですが、実際に使ってみて不便を感じたら別売ケースを買ってもいいと思います。(もちろん自作もOK!)記念キットは通常商品ではないと思うので、購入予定があれば早めに買ったほうが良さそうです。

 
今までたくさんの三脚を使ってきましたが、長く使えるものに出会ったり、すぐに手放したり様々でした。自分なりに言いたいことや感想はまだありますが、これ以上コメントすると難しくなってしまいそうです。

デジタルカメラは買って3年もすれば新製品が気になりますが、三脚はしっかりしたものを選べば3年どころか10年以上使うことが出来ます。仮に30,000円の三脚でも10年使えば1年あたり3,000円です。すぐに壊れる安物を買うより経済的ですし、それ以前にまともに使える三脚を使ったほうが狙った写真をより多く残せるはずです。長く付き合うつもりなら安物に飛びつかないというのもアドバイスのひとつです。

3つのポイントと紹介したそれぞれの商品を比べて、長く使えるお気に入りの三脚に出会えたらいいですね。

 

持ち運び便利グッツ>> 【三脚を選ぶvol.4】 エツミ DX三脚ベルト E-450

 
・EOS 5D Mark III
・EF24-105mm F4L USM

4 thoughts on “【三脚を選ぶvol.3】 最初に買う三脚はコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です