R0180173

スタジオライティング&レタッチビギナーにオススメのムック本紹介!

Pocket
email this

スタジオライティングとレタッチ初心者にオススメのムック本紹介

今日は自分が持っている本の中でスタジオライティング初心者とPhotoshopでのレタッチ初心者にオススメの本を紹介します。

「プロが教えるライティングテクニックとフォトレタッチ•テクニック スタジオ撮影からPhotoshopまで」

スコット•ケルビー著

この本は特にスタジオ初心者の人が見るのに適していて、豊富な作例とセッティング解説から仕上げまで載っており、真似すれば同等の写真が撮影出来ると思います。

R0180178

 

この本の内容

1章から13章からなっており、的確なライティング設定とカメラの設定を記載してあります。

最後に機材紹介もあります。

抜粋すると、第7章 全身撮影のための1灯ライティング、 第3章 ドラマティックな2灯ライティング、 第1章 クラシカルなビューティー撮影のための3灯ライティング、 第10章 合成用スポーツ写真のための4灯ライティング などなど、1灯から4灯ライティングまで解説してます。

各章ごとに、セットアップ、機材紹介、カメラセッティング、画像編集•レタッチの内容になっており、撮影から仕上げまで解説!

R0180177

 

この本をオススメするポイント

(1)この本で使用している写真をダウンロードでき、Photoshopでのレタッチを本を見ながら学べる

これが1番のポイントです。使用しているのと同じ写真をダウンロード出来るので、この本を見ながら同じようにレタッチして仕上げる練習が出来ます。

スクリーンショット 2014-04-30 21.26.53

(2)なるべく安価な機材の使用を勧めている

ライティングの解説をしていても、決して高価な機材を勧めていません。ストロボも600ドル程度、ソフトボックス等で高価なものでも315ドルだそうです。

(3)少ないライティングでの撮影を勧めている

常に予算を意識し、少ないライティングを勧めている。1灯から4灯までの解説がありますが、ライトの使用は常に少なくするよう心がけているそうです。

(4)ニコン、キャノン両方使用している

ニコン、キャノンで両方使用し、解説していますので、どちらのユーザーの方でも大丈夫です。

(5)Photoshopでの仕上げの行程が分かりやすい

Photoshopで仕上げる手順ごとに解説してあり、分かりやすいです。

R0180176

R0180181のコピー

 

以上の内容のように、スタジオ撮影初心者の方が真似して撮影&仕上げが出来るようになっていてビギナーの方が学びやすい本となっていると思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です