スクリーンショット 2014-04-25 1.55.13

シグマの Artライン 大口径標準レンズSIGMA 50mm F1.4 DG HSMについて考察

Pocket
email this

シグマの Artライン SIGMA 50mm F1.4 DG HSMについて考察

本日4月25日、キャノン用の50mm F1.4 DG HSMが発売されます。

ニコン用はまだ発売日が未発表ですが、この記事はニコンユーザー目線となっております。

自分はこの新しい1.4のレンズにはかなり期待してます。

50mmは人間の目の画角と近いこともあり、標準レンズと呼ばれていて、自分も50mmの使用頻度はかなり高いです。

しかしながら、キャノンユーザーの方はEF50mm F1.2L USMがあるからよいでしょうが、ニコンユーザーは50mmのレンズが良いのがないのです。

 

NIKON AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gの良い点 悪い点

作例はD800です

(1)良い点

F値 1.4ながら、軽くて安い、現在新品でも46000円くらい重量は280gと非常に軽いです。 フィルター径は58mm

逆光でなければそこそこ写る

柔らかい感じも良い

DSC_5027-6

(2)悪い点

ナノクリスタルコートではないので逆光に弱いです

このように、フレアやゴーストが汚い色で出ます

ニコン、「D800E」の推奨レンズ16本にも含まれてません。メーカー自らダメだと言ってます

DSC_3422

新型のAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gはどうか?

それはナノクリスタルコートだし良いでしょう!

自分は85mmの1.4Gも持ってますが、写りは最高です!

ただ、58mmという画角が、外で使う分には自分が移動できる範囲が広いので被写体との距離は自分が動けばよいと思いますが、もし室内で距離の制限があった場合、ちょっと望遠すぎて厳しいのですよね。

やっぱりあくまで50mmがよいのです。

 

そこで来た!SIGMA 50mm F1.4 DG HSM

前作の 35mm F1.4 DG HSMも非常に評判は良かったです。

そして50mmはどうか? 何とフィルター径が77mm!

これはNIKON の85mmの1.4Gと同じ径です。まさに大口径

そのかわり重量が815gあります。なんと85mmの1.4G(595g)より重いのです(> <)

自分は重さより写りを重視するので良いのですが、これじゃあ持ち歩かないよ。。という人はAF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gの方が良いでしょう。

しかしながら、ニコンユーザーにとって50mmの選択肢が増えた事は嬉しいですね!

まだ発売日が発表されてませんが、シグマさん、心待ちにしております!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です