Exif_JPEG_PICTURE

夜桜を撮影しよう!夜桜を妖艶に撮影するポイント

Pocket
email this

夜桜を撮影しよう!夜桜を妖艶に撮影するポイント

今年も桜の季節になりましたね。桜を奇麗に撮りたい、夜桜を撮りたいなどなど色々撮影している方もいると思います。

今回は夜桜に焦点を当てて、夜桜を妖艶に撮影するポイントを解説したいと思います。

撮影ポイントの一つとして、ホワイトバランス補正を変更するので、

「ホワイトバランス補正でこんなに雰囲気が変わる!夕景写真の撮り方」を見ていない方はこちらを見てみて下さい!

 

撮影設定するポイント

(1)三脚を使用する

長時間露光しますので、三脚は必須です。

 

(2)ストロボを使用する

ストロボを使用する事により、桜にスポットを当てます

 

(3)設定は全てマニュアルで行う

F値、SS、ISO、画像設定、WB、ストロボ発光量など、全てマニュアルで設定します

 

(4)色味は少し濃い方が妖艶になりやすい

ちょっとハードルが高いかもしれませんが、全て自分で設定を決めて撮影しなければなりません

今回撮影するカメラは、RICOH GXR A12 50mm + 外部フラッシュGF-1です。外部フラッシュが無い場合は内蔵フラッシュでも大丈夫です。




 

撮影写真解説

全てJPEG撮って出しでRAW現像はしていません。

Exif_JPEG_PICTURE

F3.2  SS 5秒  ISO 400  画像設定ビビット WB 白熱灯2  WB補正 ブルー 8  マゼンタ 8  フラッシュマニュアル発光量  1/2

ホワイトバランスの白熱灯2は 少し赤みを残しながらもかなり青めの設定です

さらにホワイトバランス補正でマゼンタとブルーをMAXまでかける事により紫色を出しています。

Exif_JPEG_PICTURE

上の写真でストロボを炊かないとこうなります

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

F3.2  SS 5秒  ISO 400  画像設定ビビット WB 白熱灯2  WB補正 アンバー1  マゼンタ 8  フラッシュマニュアル発光量  1/8

Exif_JPEG_PICTURE

F3.2  SS 5秒  ISO 400  画像設定ビビット WB 白熱灯2  WB補正 ブルー8  フラッシュマニュアル発光量  1/8

同じ設定でホワイトバランス補正のみ変更するとこうなります

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

F3.2  SS 4秒  ISO 200  画像設定ビビット WB 白熱灯2  WB補正 ブルー 8  マゼンタ 8

こちらはフラッシュをOFFにする代わりに、露光中に懐中電灯で花びらに光を当ててます

 

まとめ

三脚を使用しフルマニュアルで設定するので少しハードルが高いかもしれませんが、ホワイトバランスとホワイトバランス補正を駆使して自分の好みの色で妖艶に撮影してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です