R0050079

PAHSE ONE XF Camera System + USB3.0でテザー撮影検証

Pocket
email this

PAHSE ONE XF Camera System + USB3.0でテザーを撮影検証する

PhaseOneで撮影する上で欠かせないテザー撮影について検証しました

XF Camera Systemでテザー撮影していて、トラブルもあったので合わせて記載したいと思います。

使用機材

PHASE ONE XF Camera System + IQ3 60MP

PC:MacBook Pro retinaモデル 2013 Late  15inch

メモリ16G 、グラフィックス  NVIDIA GeForce GT 750M 2048 MB

ソフト:Capture One Pro 9.0.2

保存:東芝 USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TB CANVIO BASICS

USBケーブル延長はサンワサプライ製

テザー撮影する上で標準装備の1.0mのケーブルだとどうしても長さが足りない時があります。

その時自分が使用しているのがこちらのサンワサプライ製のケーブルです

標準の1.0mのケーブル + 3.0mを使用しています

R0050076

3.0mの延長ケーブルはACアダプタが付属しており、通信出来なければ電源を指して使うことができます

ちなみに、1.0m + 3.0mの接続では電源は必要ありませんでした。

PhaseOne XF + IQ3 60MPでの通信速度ですが、ストレスがないと言えば嘘になりますが、そこそこ我慢できるくらいの転送速度にはなっております。自分のMac Book Proはメモリ16GBですが、8GBだと著しく通信速度が遅くなりますので8GBのMacBookProはオススメできません。

100MPでも試しましたが、60MPよりは遅くなりますが、そこそこ我慢できる程度の通信速度は保っていました。

サンワサプライのUSB延長ケーブルはNikon D810でも使用していますが、一度もトラブルがなかったのでオススメできる一品です。

 

USB ハブで通信エラー発生

R0050080

こちらのBUFFALO製のUSBハブ + 標準の1.0mのUSBケーブルで頻繁に通信エラーが起きてテザー撮影が中断してしまいました

機器の相性の問題かハブ自体が悪いのかはわかりませんが、トラブルの元なので、一度エラーが起きてからは使用していません。

ちなみに、サンワサプライ製のUSBケーブルはメーカー保証で、同じものを最大2本連結、ブースターが付いていないノーマルのケーブル2mまでで合計8mまで延長できます。長いケーブルが必要な際も連結できるのでオススメです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です