dl

連載 初個展までの道のり その2 会場選び編 Spece Jing

Pocket
email this

初個展までの道のり その2  会場選び編  会場選びのポイント

さてその1、からの続きです。今回は会場選び編

会期は5月がよいと思っていたのでそこで出来る会場を探しました

会場選びのポイントで考えていたのは以下です

(1) アクセスが良い事

どんなに良い展示でも、来てもらえなかったら意味がないので

(2) 会場の広さは少し広めで

展示数がそこそこあったのと、個展を開催する機会はそうそうないので、なるべく大きめのとことで開催したかった

(3)なるべく遅くまで営業している会場

普段見に行く立場だと、19時で閉まってしまうと、ギリギリ行けない事が多いので 19時以降も空いているところが良いとの思い

(4)会場費

安いにこした事はないですが、目安としてこれまで何回も展示している渋谷ギャラリールデコの175000円(税込み)が基準になると思ってました

 

という事を踏まえて探した結果  、表参道のSpace Jingに決定しました!!

壁5面あり合計で17.5m  もともとスタジオだったので高さは2.7〜3.6mと高いので会場が広く見えます

営業時間は12:00〜20:00

(1)〜(4)の自分の希望を全て満たしている会場だったのでほぼ即決でした。

オーナーはAPAの中澤和久さんです

RICOH THETAで撮影した以前の展示の会場の様子はこちらです

360度見れます

https://theta360.com/s/ssHi2UbNyAuLi3i26GndsrMw8

一つ欠点があるとするとギャラリーのHPがない事ですかね

 

会場選びのその他のポイント

(1) 会場に必ず出展者が誰かいなければならないか、それとも会場の人がいるのでいなくてもよいのか

これは会場によりけりですね Jingの場合は誰か出展者がいる必要があります

(2)作品等販売を行う場合、ギャラリー支払う売り上げの割合について

これも会場によって違うと思います。あとプリントと書籍などでも割合が違うようです

Jingの場合、全ての販売は作家に責任があります。販売しても特にギャラリーに支払いはありません。

(3)広くなる程経費が上がる

当然ですが、広ければ作品点数が増えるので経費は増えますね

(4)比較したギャラリー

ギャラリールデコ

原宿デザインフェスタギャラリー

ギャラリーコルソ

 

Spece Jingコンセプト

表参道、青山通りから、静かな街並みをふらっと入った場所に、スペース•ジングを開設しました

この界隈はクリエータの街として、ギャラリーやイベントスペースも多く、幅広いジャンルの方々が訪れます

落ち着いた雰囲気は、作品展示と共にコミュニケーションの場に相応しい空間です

額装など通常展示の他、天井高を活かした、長尺ロールによる作品など、様々な展示方法が可能です

写真をはじめ、あらゆる表現の発祥地として、プロアマ問わず皆様の創作活動を支えて行きたいと思います

皆様のご利用、ご来場を心よりお待ちしております。

※ Spece Jing 開設のお知らせより

 

〒150-0001 渋谷区神宮前5-45-5 中澤ビルB1

表参道駅A1出口より徒歩5分程度です

営業時間:12:00〜20:00 (最終日18:00まで)

tel 03-3409-2744

Jing地図

連載 初個展開催までの道のり その1  個展開催を決心する編 はこちら

 星野耕作 × 城下カズ「LIFE IS SHORT」 写真展開催 5/6〜5/11 はこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です