【CG】Google画像検索だけを頼りに安藤忠雄氏設計の小篠邸をCGで再現する【UE4。BSPブラシのみ】

Pocket
email this

敷地と勾配

 外観内観ともにまあまあOKなところまで来ました。あとは敷地造成が待っています。私はまだUE4のランドスケープ機能に慣れていないので、基本操作で頑張る。まあシムシティの土地を上げる、下げる、平坦化と同じ操作方法なのでどうにかなるでしょう。
 この作品の厄介なところは、敷地に建物を食い込ませてるかのように作られている点。自然と半一体化しているところ。これの完全再現はきつい。まあ安藤さんのウリですけどね、自然との調和、一体化は。

 芝生はフォリッジでとにかく無造作に置きまくる。設定は、芝生通しがそんなにくっつかないように制御して、密度を高める。あとはライティング計算大賞にすると陰影がチープになりがちなので、ライティング対象外にする。というのが個人的に好みの設定。
 樹木はちょっと素材がないので割愛。

 この記事を書いているときにはすでに動画のアップまで済んでいるのですが、EPIC公式が無料配布してるパインの木とかで代用できたかもしれない。
 反省点としては敷地で、上手く作れねー! 崖みたいにする方法がよくわからんかった。勉強してきます。

外構

 外構といってもそんなやる所ありませんが、玄関とアプローチ周りをやります。ボコボコボコって直方体を並べただけ。個々の画像がほとんど無いのでよくわからなかった。
 あとなんか来客棟に寄り添うL時の壁って何でしょ? かくれんぼ用?

 とまあここまでくればあとはマテリアルだの家具だのを置くだけです。

家具

 家具って結局何が置かれているかって、ググった画像からだとリビングのソファくらいしかわからない。ということでソファっぽい物体は造りました。このマシュマロソファはないので枕のメッシュで代用。(笑)

 最後に、VRで散策するときに自分の写真を飾って見る、という自己満足を得るために額縁をいくつか並べます。額縁は自分でBlenderで作ったもの。写真は安藤さんの作品を見学しに行ったときに撮ったもの。

 あとはマテリアルか。

マテリアル編集に続く。



Pages: 1 2 3 4



コメントを残す