【地図】日帰りで巡る富山建築マップ

Pocket
email this

 久しぶりの地図シリーズ。

 私自身が①日帰りか②1日1都市ていどのスピードで建物を見学することが多いので、他の方にも参考になるかもと思って作っています。今回は富山市です。

 個人的に注目しているエリアで、実際に訪れてみても、建物の密度・人々の混雑具合・都市開発のバランス的な方面から見ても非常に良い印象で、のんびりと過ごせます。また酒と海鮮が美味いときたもんですから途中で酒呑みに切り替えてもいいでしょう。

 先日の富山県美術館で少し話したとおり富山駅周辺の半径2km圏内に素敵な建物が密集していますから、それらを1日で巡るコースです。

 10時に散歩をはじめて18時には呑めますプラン。です(笑)


富山市総合体育館・とやま自遊館・サンフォルテ

設計:山下設計
竣工:1999年
 ノープランでとりあえず親水公園に向かうとまず出会うことになる立派な建物。このあたりは山下設計さんが手がけています。
 ブラウンの外装タイルが歩道・緑・周囲との溶け込みが自然で公園との一体感がすばらしい。
General view of Toyama Jiyukan (とやま自遊館)



スターバックスコーヒー 富山環水公園店

開業:2008年
 言わずと知れた『世界一美しいスタバ』。 正式には「Best Store Design Award in 2008」を受賞しています。
 公園自体も本当に綺麗な場所でしたが、その公園内に見事に溶け込み自然に存在している姿は素晴らしいの一言でしょうか。
General view of STARBUCKS COFFEE, Toyama Kansui Park (スターバックスコーヒー 富山環水公園店)



天門橋 展望台

 立山連峰と街並みと公園がもう美しい。
 先に紹介したあらゆる建物が上から撮れてしまうというたまらないスポット。絶対寄りたい。そして撮りたい。
General view of Tenmonkyo Bridge, Observatory (天門橋 展望台)



富山県美術館

設計:内藤廣建築設計事務所
竣工:2017年
 最新の美術館。ただしオープンは8月下旬のためまだ美術品を展示していない状態。今だけ無料で好きに散策可能。スペシャルタイムです。建築ファンの皆さん、今がチャンスです。
Main passage of Toyama Prefectural Museum of Art & Design (富山県美術館)



TOYAMAキラリ

設計:RIA、隈研吾、三四五
竣工:2015年
 木材パネルのスーパーラッシュがみたいならここ。一体何枚使っているのか数えたくなるけど絶対に数え切れないほどの枚数のパタパタが拝めます。富山市立図書館と富山ガラス美術館が入っています。美術館は常設展入館料が200円と安いし展示作品の質も良かったです。オススメ。
General view of interior in TOYAMA Kirari (TOYAMAキラリ)



グランドプラザ

設計:日本設計
竣工:2007年
 モダンな広場。イベントなども頻繁に催されるようです。2008年の富山県建築賞、AACA賞を受賞するなど高く評価されています。


Photo by 日本設計




富山城跡

築城:1543年
 せっかく来たのだから見ておきたいところ。天守閣東側の広い庭園と広場は綺麗に整備されていて良かったですよ。
Toyamajo Castle (富山城跡)



サンシップとやま

設計:池原義郎建築設計事務所
竣工:1999年9月
 富山県総合福祉会館とのことですが、休日夕方に訪れたこともあってか誰もいませんでした。ひとりも。福祉というよりは会議場っぽかったです。5Fあたりに緑化庭園があります。
General view of Sunship Toyama (サンシップとやま)



高志の国文学館

設計:シーラカンスアンドアソシエイツ
竣工:2012年3月29日
 緑と岩に囲まれた外観も、内側からソファに座って見る庭の眺めも極上の施設。ゆっくり堪能したい。藤子不二雄先生などの資料が豊富。
Garden view from indoor of KOSHINOKUNI Museum of Literature (高志の国文学館)


コメントを残す