【写真】九州国立博物館/菊竹清訓建築設計事務所、久米設計

Pocket
email this

 太いブルーの柱が印象的な日本最大の国立博物館です。なんと建築面積は160×80mもありますから、周りをランニングするだけで500m弱もあるわけです。
General view of Kyushu National Museum (九州国立博物館)

 会館前に行っちゃったのですが、会館直後に入場すると、VIP待遇かと思うほどのていねいな挨拶でスタッフの方々が迎えてくださいました。さすが国立機関は違う(?)のでしょうか。なんか市立、町立の博物館だと生まれてから1回も敬語を使ったことがないんだろうなっていうおっさんとかが受付を時たまやっているイメージ…という極端な頭でいたので驚きしました。質問の受け答えも高級ホテルのフロントかなと言うくらい優しい口調のインフォメーションの熟女の方、完璧です。

 常設展示も充実していてボリュームもよかったです。展示方法もかっこいい、楽しめますよ。おすすめ。

 過去に隈研吾氏が設計したスターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店を紹介しましたが、博物館へ向かう途中の表参道にあります。
 この先に博物館へ向かう長いエスカレータがあります。これを登りきれば、到着です。

Entrance gate of Kyushu National Museum (九州国立博物館)



建物

 もう最初に言っちゃいましたが、外観は全体的にブルーで統一されています。特に輪郭部分と1辺の柱群は明るめの青一色で表現されています。いろんなサイトを見るとわかりますが、これが賛否の分かれるところです。うん、個人的にもどうしてこの青色、マテリアルにしたんだろう? と思うところがちょっとあります。言葉で表現するなら「『ドラえもん のび太と鉄人兵団』のロボットを実写化したら脚はこの色この質感だと思います。」っていう感じ。
Exterior of Kyushu National Museum (九州国立博物館)


Image from 映画ドラえもん 「新 のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち」 – ウルフオルフェノクが行く

 2辺の壁は全面ガラス張りで、よく反射する素材を使っているので、綺麗に空が映り込んでいました。そのおかげもあって周りは山に囲まれて、建物には空が映っていて、自然の中にいるような感じがします。
Exterior of Kyushu National Museum (九州国立博物館)

 中はガラス張りなのにけっこう暗めでした。公式サイトではこのガラスからの自然光の強さをウリにしている紹介記事があるのですが、なんでだろう。私が行った時間が悪かった?
 内部はけっこう和風が強めで、壁は巨大な障子戸のようであり、広く高い天井も曲げ竹で弧を描き、なかなか素敵な内装だと思います。
Upward of Inside of Kyushu National Museum (九州国立博物館)

 一方でエレベータ、エスカレータといった昇降器具とその周りの備品はモダンに全面ガラス張りで統一されています。

Escalator and stair of Kyushu National Museum (九州国立博物館)



アクセス

 博多からはあらゆる交通機関が備わっています。電車なら太宰府駅ですし、博多バスターミナルから太宰府天満宮行きも出ています。電車も複数経路がありますが、できるだけ歩かないのは以下です。

 電車
 地下鉄空港線
  博多駅 → 天神駅
 西鉄天神大牟田線
  天神駅 → 西鉄二日市駅
 西鉄太宰府線
  西鉄二日市駅 → 太宰府駅
 所要時間:約50分
 運賃:600円


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

Blue strong pillars are accented museum.
The facade from south side. Top is little curve twice, in line with slope site.
The facade from south side. Top is little curve twice, in line with slope site.
Information counter. Lowwe space is simply black panels and little green glasses. Upper space is almost wooden frames. It's like a Japanese clothet. Interesting.
Strong pillars for supporting the building.
We were surprised style of architectures of main and entrance are not the same. Entrance gate(there is in an long escalator) is pure Japanese traditional. Like a temple.
博物館が丘の上にあるのですが、そこへ行くためのホール(エスカレータ)です。お寺みたい。
We were surprised style of architectures of main and entrance are not the same. Entrance gate(there is in an long escalator) is pure Japanese traditional. Like a temple.
博物館が丘の上にあるのですが、そこへ行くためのホール(エスカレータ)です。お寺みたい。
A woman reading someone, nevertheless early morning.
Japanese Modern Style interior.
Blue strong pillars are accented museum.
Blue strong pillars are accented museum.
Blue strong pillars are accented museum.


建物概要

Kyushu National Museum (九州国立博物館).
Architect : Kiyonori Kikutake (設計:菊竹清訓建築設計事務所+久米設計).
Contractor : Kajima Corporation (施工:鹿島建設、間、高松JV).
Completed : 2005 (竣工:2005年).
Structured : Steel Frames (構造:S造、SRC造).
Costs : $ million (総工費:約億円).
Use : Museum (用途:博物館).
Height : 118 ft (高さ:36.1m).
Floor : 5 (階数:地下2階 地上5階).
Floor area : 323,836 sq.ft. (延床面積:30,085.42㎡).
Building area : 157,396 sq.ft. (建築面積:14,622.62㎡).
Site area : 1,729,920 sq.ft. (敷地面積:160,714.88㎡).
Location : 4-7-2 Ishizaka, Dazaifu City, Fukuoka, Japan (所在地:日本国福岡県太宰府市石坂4-7-2).


使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
   


参考サイト

コメントを残す