【現像】逆あおり補正をしてアクソメみたいな画を楽しむ(Lightroom)

Pocket
email this

 こんな言葉ないのかと思いますが、勝手に作るw

 上向きの画角に対してのあおり補正がいわゆる「あおり補正」なのであれば、下向きの画角に対してのあおり補正を「逆あおり補正」と呼ぶことにしましょう。わかりにくいので。
 建築写真を見ていると逆あおり補正ってほとんど施されていないようですが、やったらやったでアイソメ図っぽくなってちょっと味の効いた表現になります。完璧なものではありませんが、簡単にそれっぽくする方法をLightroomでやってみましょう。
 完全なアイソメorアクソメ補正はまた今度にいたしましょう。 :)

やりかた

 写真は展望台などの高い場所から撮影した、見下ろしたアングルを用意します。
 現像はLightroomでやってみましょう。あおり補正するだけです。

1.中央を垂直にしておく

 予め中央を完全な垂直にしておきます。+3.6にしました。(撮影はできるだけ0.0で済むようにしましょう。こういう撮り方はヨクナイ!)
逆あおり-1_Takahiro_Yanai_christinayan01

2.逆あおり補正をする

 [レンズ補正]の[垂直補正]をいつもはマイナス値ですが、逆あおりはプラス値にします。私の場合+46でちょうどよくなりました。
逆あおり-2_Takahiro_Yanai_christinayan01

これだけ!

完成

いかがでしょうか。
Cities Skylinesみたいな世界観が楽しい。ハマると毎日展望台に行っちゃいます。:D 

コメントを残す